空飛ぶ海外コメディブログ

スタンダップコメディーからシットコムまで。海外Comedyの魅力をお届けするBlog

ロニー・チェンのココだけの話@Netflixを観た感想

中国系コメディアン

Ronny Chiengのネットフリックススペシャル、
『ココだけの話(Speakeasy)』を観た感想をざっくりと。

ロニーチェンといえば、映画『クレイジーリッチ』『シャンチー』の人といえばわかる人もいるかと。

アジア系なせいか、日本でも昔からレコメンドされていたので、
なんだかんだ知っている人は多い気がします。

今でもアメリカでも売れっ子の中華系スタンダップコメディアン。

ということでざっくり感想を。

www.nejimakiblog.com

 

感想

のっけから、

「パンデミックの中、生き残ってくれてありがとう」的なOPのジョーク掴みが◎


ちょいちょいポッドキャストを目の敵にするところも好き。笑

 

どこにでも人種差別はある、という話から
ワースト10%を集めてどの人種が最低かを決める

「3つ数えたら最低の人種を叫べ」

のところはめちゃ笑えました。

 

キャンセルカルチャーへの批判として

「Cancel Me.」

のとこも勢いがすごく、

 

全体的に真面目な話と笑いとの、緩急のつけ方がうまいな~と

 

 

「なんちゃらの定理」など難しい言葉を使って
笑かすのもなんだかチャーミングで。

 

”素晴らしい国だ アホなジョークにお金を払うんだから”

 

不快を表すような表情の使い方が誰よりうまいし、
観客イジりも面白い。

 

”素人文化”、"レビュー野郎"とネット批評家を叩くところも
Ronny Chiengらしいというか。(すみません)

 

ラストのワクチンのくだりはちょっと雑だったような気もするけど、
一時間まるまる冴えたコメディショーでした!

 

スタンダップコメディというニッチなコンテンツも、
ネットフリックスの日本版で、
アメリカと同じ配信日に見られるのはすごい話ですよね。(ありがたい)

 

中国系といっても、
生まれはアメリカでも中国でもなくマレーシアっていうのは知りませんでした。

Wikipediaでいろいろ探ると、
ブラジリアン柔術をしているらしくてそこも好印象。笑


・・・完全に話は飛びますが
『ハングオーバー』で有名になったアジア系の俳優ケン・チョンって、
最近みない気がしますが今なにしてるんだろう?とふと思ったり。

 

ひさびさのコメディブログ更新でしたが、
せめて月1ぐらいで、印象に残ったコメディを紹介しきたいと思います。

www.flyingcomedy.com

ティムロビンソンズのコントシリーズ@Netflix - 空飛ぶ海外コメディブログ